着やせについて

『着やせについて』

 

やせるために努力している人は多いでしょう。また、太りやすい体質を自覚していて、それを予防するのに努力している人もいるでしょう。

 

では、なぜやせたいのでしょうか。理由は健康の面と美容の面と両方あるでしょう。

 

健康の面から考えてみましょう。

 

太っていると、まずは心臓の負担が増えます。血液を送る部分が増えますので当然ですね。また、同時に血管の中も詰まりがちになっていたり、血管からは柔軟性が失われているでしょう。血管の内壁にはコレステロールがへばりつくのです。

 

各種の生活習慣病に一歩近づいた状態でしょう。

 

また、逆に何か体のトラブルがあるからこそ、太り始めた、という順番になっているかもしれません。

 

美容の面からはどうでしょうか。

 

おなかが出ている、二の腕がたるんでいる、おしりが垂れている、太ももが太い……となると、「できるだけ見せたくない」といった心境になるのはあたりまでしょう。選べるファッションが限られてきます。

 

が、世の中には「着やせする人」というのがいます。健康の面はさておいて、美容の面では、これは大助かりでしょう。

 

「私の体形では無理だわ」なんて思っているような服が、いざ着てみると似合っていて、ほっそりして見えるのです。

 

この着やせはどういったメカニズムでなるのか、しっかりわかっている場合と、そうではない場合があります。

 

同じような体形の人同士が、色も形も同じ服を着ても、片方は着やせする、もう一方は変わりがないどころか、着太りするなんてことさえあるようです。